~年号に狂騒する今日の日本と幕末の元号に思う~

  最近、天皇退位に合わせて改元の年号が4月1日に発表された。日本はこれまで、千年以上も漢籍を原典として来て、急に万葉集という日本の古典を出典としたというが、最近の中国の興隆、経済発展や軍事力増強に反感を持った安倍政権の保守化が垣間見える気がするのは私だけだろうか。国家主義傾向の強い安倍政権らしく「令和」とは、律令の令を連想し、政治権力…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

~世界最強の米国はなぜ北ベトナムに負けたのか~

  最近、私の所属する団体でベトナムの若者二名がささやかな講演会を開いた。二人は、単なる人手としてではなく、それぞれが企業で設計及び開発の仕事をしている優秀なエンジニアである。私は、その講演を前に彼らを紹介するとき、ベトナムは世界最強の米国と戦って勝った唯一の国だと称えたが、なぜ弱小なベトナムがアメリカに勝ったのかを整理してみたい。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

~幕末最大の悲劇二本松少年隊と二勇士の戦い~

  私の兄の知人の祖先に山岡栄治という奥州二本松藩の武士がいるという話を聞いた。私は長州出身なので、戊辰戦争には以前から興味があった。戊辰戦争最大の攻防は朝敵会津藩を扼する奥州の要衝白河城及び二本松の攻略であった。二本松藩は、丹羽長秀を藩祖とする名家であった。豊臣秀吉が木下藤吉郎から羽柴秀吉と名前を変えたのは、織田信長から有力武将の丹羽…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

~ 米国通貨に見る ”In God We Trust” と政教分離 ~

  アメリカの貨幣や紙幣には堂々と“In God We Trust(我々は神を信じる)”と謳っているが、神とはキリスト教の神のことである。アメリカはもともと英国国教会の弾圧をうけたキリスト教清教徒が自由を求めてアメリカに渡り建国した国であるため、「神」とはキリスト教の神であることは言うまでもない。キリスト教徒とは神を神を信じることが大前…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

~左翼・右翼の語源とフランス革命~

  物心ついたころ、新聞では左派社会党、右派社会党、などの言葉を耳にし、青年期になると左翼思想に被れたり、社会党委員長浅沼稲次郎が右翼青年に刺されたとか、政治には頻繁に右翼左翼の言葉が出てくる。子供のころから左翼とは社会党や共産党がそして、右翼とは保守反動派、国粋主義者などの思想分布と漠然と認識していたが、なぜそう呼ばれるのか気になって…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

~FT-101Eの(FIX)PROFCESSユニットのメンテナンス~

 (FIX)PROFCESSユニットなるものはESタイプ機(10W)にはオプションとなっており 付いていない、この機械はネットのオークションで、手に入れたもので勿論ジャンクとして出品されていたものです。最終的にクリスタルを取り付け問題のあった(FIX)PROFCESSユニットのVR-1(500Ω)の半固定VRを買ってきてやっと交換でき…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

~朝鮮戦争とは何だったのか~

   アメリカトランプ大統領は2回めの米朝首脳会談を模索しているが、なかなか米国軍産複合体の朝鮮戦争講和に対する警戒感と抵抗からからことが順調には進捗しないようだ。核兵器の完全且つ不可逆的廃棄を強行に主張して講和に抵抗しているからだ。    ここで、朝鮮戦争とはなんだったのか、今一度ふり返ってみよう。朝鮮は、1910年に日本の傀儡国大…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

~航空界のVolvo カンタス航空~

    私は長い間航空業界に身を置いて来たものとして、安全には非常に関心がある。航空運送事業はあくまでも利益を求めることは大前提であるが、民間航空では企業理念として優先順位は「安全性」「快適性」「経済性」の順である。安全は目に見えないがコストをかければきりがないが、安全装備だけではなく従業員の心構えが安全に大きく影響するので従業員の安全…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

~アイゼンハワー大統領の再評価”Three Days in January”~

  前回の稿でトランプ大統領と米国軍産複合体との対立を取り上げたところであるが、去年あたりから米国内で「Three Days In January」という本がベストセラーとして売れているという。この本は、トランプ大統領と対照的な米国第34代大統領アイゼンハワー大統領の大統領職最後の3日間を描いたもので、アイゼンハワーを高く再評価した内容…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

~CVIDを逆手にトランプ大統領の意外な歴史的成果米朝首脳会談~

    しばらくの間、日本の政治、ことに安陪首相の俗物ぶり、フェイクぶりにまともに受け止めることもあほらしく、ブログに感想すら記す気にもなれないでいるが、トランプ大統領の米朝首脳会談実現の凄さにあっけにとられて大いに見直した。私は、米朝が朝鮮半島の緊張状態解消はあり得ない永遠の前提であると認識していた。   誰もが知っていることである…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

~キリンビールと坂本龍馬~

    私は余り酒が行ける方ではないが、なぜがビールと言えば麒麟というイメージがある。麒麟の商標に使われている麒麟が首の長い動物園でみる麒麟と違うので、なぜか子供のころ気になった記憶がある。改めてキリンビールの商標を見ると首は龍に見え胴体は馬にみえる。これはまさしく竜馬ではないかと思ってキリンビールの沿革を辿ってみると、坂本竜馬にたどり…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

~車庫を大人の子供部屋に改造~

  今年の正月に息子が我が家に帰省し、私が死んだあとゴミを残してくれるなと言い、車庫兼倉庫の中のゴミ同然のガラクタを捨ててるとともに傷んで傾いた車庫を修理するように求めた。土地を30年前に買った時に車庫があったのでそのまま利用していたが、基礎部分が地面に接触していたので腐食が進んでいた。    大型ゴミを処理センターに運ぶために、正月…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

~町人大統領トランプのエルサレム首都承認~

  世の中はたいていは「義」と「利」で動く。経済の原動力は「利」そのものである。 資本主義経済は、民主主義とは関係ない。その証拠は、一党独裁共産党国家中国は日本をはるかに凌ぐ世界第2位の経済大国に発展しているし、独裁者リー・ク・アンユウ率いる非民主的な国シンガポールの経済発展を見ればわかる。    しかし、民主国家がどのような経済体制…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

~夜はなぜ暗いのか・オルバースのパラドクス~

    子供の頃、従弟が夜はなぜ暗いのかという疑問を話題にしていたが、妙に記憶に残っていた。それは「オルバースのパラドックス」として19世紀のはじめころからドイツの天文学者ハインリッヒ・オルバースによって提起されていた有名な逆説であることを後年知った。   地球から肉眼で見える星はほぼすべて我々の住んでいる銀河「天の河銀河」に属してい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

~FT-101Eと遊ぶ~

  最近のことFT-101Eをヤフオクで落札しました、無線を始めた頃、今から40年近く前のこになりますが開局はトリオのTS-520(10W)でスタートしました。当時は何となくTS-520のデザインが新鮮な気がしたと言う程度の話でしたが以来TS-820SからTS-930S、TS-2000Sまでずっとトリオ(1979年以降ケンウッドに改名)…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

~多発性膀胱癌診断から5年目を迎える~

    平成25年11月に膀胱癌(多発性)を診断され、手術を受けて4年が経った。私の誕生月であるこの時期になると、初めて癌という病名がつき、しかも日常生活に直結する部位だけに暗澹たる気持ちになり懊悩した日々を送ったこと思い出す。そして、一年経過する毎に今年も元気に過ごせてよかったいう思いがこみ上げてくる。初めてこの癌に直面した時は、ネッ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

~前原民進党代表の目指した二大保守政党のナンセンス~

   10月22日、国家権力を私物化する安陪首相の異例の憲政無視国会冒頭解散による総選挙が議席の上では与党圧勝に終わった。まあ、選挙結果についての評価は散々報道されているのでさておき、今回の突然の衆院選に慌てた前原民進党代表の軽挙妄動といえる希望の党への民進党身売りほど愚かなことはなかった。本人はいろいろ、その決断は間違っていなかったと…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

~FT-101E を手に入れて.......~

  私が今回FT-101E を入手するに至った経緯は、3.5Mhz(SSB)の固定周波数の水晶を別のFT-101ESに取り付けようとした事に始まります。FT-101ESは固定周波数用のクリスタルを取り付けるためのPB-1534なる基板がオプションとなっており基板が付いておりません。そこで、このオプション基板をオークションで探しましたが上…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

~希望の党小池代表、策士、策に溺れる~

  最近の政治、政局は見るに堪えない荒廃ぶりを呈しているなか、衆院選挙戦が始まった。小池希望の党代表の権力欲の浅ましさ、前原民進党代表の民進党を解党してまで底の浅い小池人気に縋りつく浅ましさ、安倍首相の破廉恥なな権力私物化と常識をかなぐり捨てた森加計疑惑隠しのための解散権を濫用した冒頭解散の浅ましさ、日本の政界与野党をどこもかしこも浅ま…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

~創価学会を外から藪にらみ考察してみる~

  私は特定の宗教を信仰するほど信心深い人間ではないが、宗教には多少関心があることと、どんな宗教でもあるいは宗派でも宗教を信じてより精神のレベルを向上しようと努力している人には一定の敬意をもっている。 概して、良い人間、良い社会人、良い家庭人たらんとしている人が多い。キリスト教徒、創価学会会員などがそうである。日本人は大抵仏教徒である…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

~NHK BS1スペシャル「日本はなぜ焼き尽くされたのか」~

   8月の終戦記念日が近づくと、毎年前の戦争の特集番組が放送される。今年はNHKが国家権力による戦争の非人道ぶりを感じさせる内容だったので意外に思った。戦争に対する否定的な番組は、現政権の軍事力強化方針と相いれないと思えるからである。小説「悪魔の飽食」で話題になったことで覚えている向きも多いと思われるが、国が否定してきた関東軍の731…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

~近代日本の父、最後の幕臣小栗上野介~

 この夏、北軽井沢から碓氷峠を経由して薬師温泉に向かう途中、偶然幕末の幕府官僚小栗上野介忠順(ただまさ)の墓を見つけたので、思わず立ち寄った。墓は、群馬県高崎市倉渕町権田というところにある宗洞宗東善寺にある。いかにも市街地あるような地名だが、全く人里離れた山間地であった。   小栗上野介と言えば、2700石の大身旗本で勘定奉行、日米修…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

~EUのリーダー、ドイツのようにアメリカ従属からの自立を望む~

  私はアメリカ人に対して何の偏見や特別な感情は無く、知り合いもいい人ばかりであるが、戦後のアメリカは、アイゼンハワー、ケネディ大統領政権以外のアメリカという国はどうしても好きになれない。アイゼンハワーは今の米国軍産複合体が肥大化して好戦国家になり民主主義を歪めることを初めて予見し警告した立派な大統領だったし、ケネディは理想主義をかかげ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

~豊田真由子衆議院議員に見る奢りの代償~

  安陪内閣と自民党の低俗さをそのまま反映して、前の都議会選挙は自民党の歴史的惨敗となった。議席数120うち自民党が取れたのは公明党の議席と同数のたった23議席という体たらくだった。安倍首相は、ヤジが怖くて支持者だけが集まる体育館などで応援演説していたが、それではあまりに世間体が悪いと思ったのか、絶対自信のある秋葉原駅前で、今回の都議会…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

~幕藩耐性を終わらせた阿部正弘と堀田正睦~

  地域で所属する団体の催事で、幕末に老中首座を務めた堀田正睦の佐倉11万石の史跡を訪れた。幕末の悲運の老中首座堀田正睦の足跡が辿れるかと思っていたが、それは無かったことが残念だった。沢山の堀田家ゆかりの歴史観光スポットはあるが、とくに堀田正睦本人に関するものは見当たらなかった。堀田邸なるものがあったが明治に建てられた正睦の嫡男正倫のも…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

~民主主義とは多数決と思い込む未熟な民主主義~

    私は、自分では慷慨家だと思っている。世の中の不条理を主としてをブログに取り上げているのはそのためである。それをテーマにして「予断と偏見」と題しているがあまり直截すぎるのでそれを少しでも柔らかくするためにこのブログのタイトルを「余談と偏見」と敢て変えている。いい年をしていながら現実的な諦観を持てない奴と思われようが、どんどん政治が…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

~戦国から幕末を生き抜いた毛利家の本拠地を訪ねて~

    連休を利用して郷里の母を見舞いついでに、同行の息子がルーツを知りたいというので祖先の墓地を訪ね、先祖の出身地を歩いてみた。私の先祖は、長州の毛利家の家来と先祖の菩提寺の過去帳に記録があり、現在の安芸高田市吉田から長州萩に移り、明治に熊毛郡岩田(現山口県光市)に移り住んだものと説明を受けていた。    毛利家と言えば、毛利元就が…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

~「空気」の「空気」による「空気」の為の政治~

   山本七平の「空気」研究という本があった。今でも文庫本として根強い人気があるものと思われる。前の森友学園問題も、この「空気」によって起こるべくして起こった問題の一つである。「空気」あるいは「場の空気」といういかにも日本独特の風土性は、私の個人的な感想でいえば農耕民族特有の文化であり、良くいえば「和を以て貴しと為す」であろうが、悪く言…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Abexit安倍政権の終焉を予感させる安倍夫婦の「国家システム私物化」

   当初は、金正男暗殺ばかり報じて森友学園のスキャンダルは安倍首相の寿司友メディアによって意図的にスルーしていたが、2月の初旬朝日が報じて以来雪だるまのように大きくなってきて、あの御用メディアのNHKまで渋々報じざるを得なくなるほど連日の大盛り上がりである。   問題は、国民の共有財産である9億5千万円とされる国有地を不当に安く8億…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

阿品桜が咲きました

 最寄り駅でもあるJR阿品駅から小川沿いに歩くこと約10分コンクリートの堰堤に突き当たる、この堰堤は昭和50年に広島県が造成した阿品台団地の下方に位置するもので、堰堤の完成を記念して植樹されたものらしい、2009年の5月5日地域の方々が名所として育てようと「阿品桜」と命名されたようで大切に育てられており、枝垂れ桜の高さは約15m余り枝ぶ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

~「精鋭無比」陸上自衛隊第一空挺団視察~

 先日ある機会を得て千葉県船橋市の習志野駐屯地に本部を置く陸上自衛隊第一空挺団を視察してきた。空挺団とは、陸上自衛隊では、方面隊、師団、旅団に次ぐ部隊編成であって、「空挺」とは空の挺身隊の意味である。日本で唯一の落下傘部隊である第一空挺団の部隊としての任務は、高い即応力を以て日本全国でのあらゆる事態に素早く対応することであって、その際侵…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

~安倍総理大統領が変わるごとに気休めを求める~

  安倍首相は、トランプ米大統領就任早々、閣僚も揃っていないのに米国トランプ大統領に伺候するとはいかにもの日本の米国隷従冊封関係を物語っている。日本の御用メディアはそろって、参勤訪問を成果があったように持ち上げる恥知らずにあきれる。曰く、尖閣を守ってくれると言ったとか(実際は尖閣は安保第5条の適用を従来通り確認しただけ)、米軍駐留経費負…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

~トランプ大統領とアメリカの真の支配者との暗闘が始まる。~

   トランプ大統領が第45代合衆国大統領に就任してまだ2週間も経っていないが、次々に選挙公約を大統領令で実行している。その中にTPP永久離脱表明している。国会答弁で「訂正云々」を“ていせいでんでん”と読む程度の頭しかないTPP前のめりの日本の某首相が、大統領になれば現実的になって公約は反故にすると思っていたらしいが、とんだ目論見違いだ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

~旧約聖書と新約聖書の違い~

外国人は世間話で、宗教と政治の話はしないと言われる。彼らにとって信仰とは神との誓約の上での信仰であり、我々日本人のように、正月は神社に参り、盆は仏様を迎え、クリスマスにはキリストの生誕を祝うと言ったいい加減さはない上、信仰が真剣で話がこじれると喧嘩になるからだという。  今日のように文明が進んだ世界の中でさえ、西欧が1948年にイ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

~膀胱癌3年目を迎えて~

今年もあとわずかで暮れようとしている。日本も暗愚な政治屋によって混迷の時代を迎えようとしているが、国民は茹でガエル状態にされている今日この頃、私にとってこの一年は今年最後の膀胱鏡検査でがんの再発がなかったこがささやかな幸いであった。 先月一日、71歳の誕生日を過ぎた月末、膀胱癌を宣告されてちょうど3年の月日が経った。その間3回のTRU-…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

~マイケル・ムーア監督がトランプ次期大統領の当選を予想した5つの理由~

   ドナルド・トランプ氏が次期大統領に決まって、巷間、メディアも政界も世紀の大番狂わせだと慌てている。一介の泡沫候補扱いされていた候補が、当然勝つと思われていた政治経験豊かな、オバマ大統領の支持を受けたヒラリー・クリントン前国務長官に勝ったことで内外に大きな波紋を呼んでいる。   安倍首相は、世界で最初にトランプ次期大統領と面会を求…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

~ベルヌーイの定理による古典的飛行理論の崩壊~

これまで、飛行機はなぜ空を飛べるのか、あんなに重い金属でできた飛行機がなぜ空中に浮いていられるのか、と言う素朴な疑問に説明されてきた理論が「ベルヌーイの定理」であった。 ベルヌーイの定理とは、エネルギー保存の法則が、非圧縮性理想流体の定常流において成り立つという理論である。 (但し  v:対気速度 ρ:大気密度 p:気圧 g…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

~究極のポピュリスト小池新東京都知事~

 小池ゆり子氏が東京都知事に就任して以来、豊洲新市場、東京オリン・パラリンピック会場問題で都庁は都官僚及び都議会を巻き込んでてんやわんやの大騒ぎであろう。つくづく小池都知事は究極のポピュリストであると思う。これは、むしろ褒め言葉である。今回の都知事選で政・官・財界の利益を代表する自民党と選挙マシーン創価学会の公明党という鉄壁の後ろ盾も必…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

~ヤマトタケルのロマンと房総半島~

   私の住む房総地域はヤマトタケルにまつわる地名や伝説が多い。ヤマトタケルは12代景行天皇の第二皇子で古事記では倭建命、日本書紀には日本武尊と表記されている。もっとも景行天皇は西暦で言えば100年ころで大和朝廷は無論のことヤマト王権も成立していないはずだろう。3世紀の卑弥呼さえ古事記日本書紀にも言及がないくらいだから尚の事でもある。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

~武士道精神と切腹の文化~

  国際人とは外国語を流暢に操ることではなく、自分の国の歴史や文化を語ることの出来る人であると言われることがある。必ずしも外国語でそれ等を語れということではなく、英語が堪能でない我々でも国際人になれるということに救われる思いがする。私が参加する英語研修会でも外人講師のために、日本の文化をテーマに話題になることが多く、最近では次回研…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

~安倍首相オバマ大統領の核先制不使用に反対の裏切り~

  オバマ大統領は核先制不使用宣言を検討していることに対し、安倍種首相は、オバマ大統領が検討している核兵器の先制不使用宣言をめぐり、同首相がハリス米太平洋軍司令官と会談した際に「北朝鮮のような国への抑止力を弱め、紛争のリスクが高まる」などと反対の意向を伝えていたと、米紙ワシントン・ポスト紙が報じた。米政府高官の話として伝えている。  …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

~没後40年天才政治家田中角栄の毀誉褒貶~

  今年7月27日で田中角栄元首相が逮捕されて40年目を迎えたという。そのためでもあるまいが田中角栄元首相に関する著作や論評が最近目に付くことが多い。石原慎太郎元東京都知事の「天才」やその他関連作品の影響か、NHKが「ロッキード事件」をドキュメンタリー・ドラマに仕立てて特集していた。私の学生時代に、田中角栄が47歳の若さで自民党幹事長に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

~大英帝国の終焉、英国EU離脱に思う~

    先月(6月23日)、イギリスはEU離脱の是非を問う国民投票を実施し、僅差(51.9%:48.9%)ながらEU離脱派が勝利を収めた。 この国民投票は3年前にキャメロン首相が公約したことらしいが、幾ら民主主義だからと言って、国家の運命に関わる重要な事案を国民投票に懸けることは慎重を期すべきであろう。衆愚に高度で難解な判断を委ねるこ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

~負けるべくして負けたマリアナ沖海戦その二~

 毎年6月になるとこの月に行われた太平洋戦争の歴史的な二つの戦闘のことを思い出す。一つは昭和17年6月5日から7日にかけてアメリカのほぼ倍の戦力で戦いながら正規空母4隻を失うという壊滅的な惨敗を喫したミッドウエー海戦と昭和19年6月19日と20日にかけて帝国海軍のすべての航空戦力を賭してアメリカに挑んだ最後の決戦であるマリアナ沖海…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

~東総干潟八万石、大原幽学ゆかりの地を訪ねて~

5月の中頃薫風に誘われて旭市の大原幽学ゆかりの地をバイクで訪れた。実は、見栄を張って携帯をスマホにしていたが、実際歳をとり指の水分が減ると操作しづらく再びブルートウース付きのガラ系に変えたため、スマホをシムなしでワイファイだけで使い、バイクや自転車のナビや速度計に使うことにした。そのナビのテストを兼ねて大原幽学記念館まで走ってみた。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

~小林節慶大名誉教授、「国民の怒りの声」を旗揚げ~

   憲法学者の小林節慶応大学名誉教授が新党「国民怒りの声」を立ち上げた。もともと政府権力側にいた論客であり体制側で御用学者に安住すれば、国の審議会やその他の与党利権でとことん安楽な生活が保証されていながら、安倍政権の安保法制に強く異を唱える小林教授を日ごろから奇特な正義感の持ち主だと以前から関心を寄せてはいたが、自分の学問を机上の空理…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

~軽微な人身事故を起こした場合の心構え~

交通事故は、自分は起こさないと思い大して事故を起こした時の心の準備をしていないものだ。そして、特に軽微な事故は軽く考えがちだが、人身事故となると軽微な事故でも刑事責任を伴い、起訴されれば事実上ほぼ99%罰金刑以上の刑を受け前科一犯となる。軽微な事故でも、交差点内の人身事故で歩行者と接触するなど専らの責任を認定されれば最低でも20…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

~民主主義を撃滅する資本主義の終焉~

    四月初め、日本の景気、経済は明らかなリセッションが数値に現れてきた、安倍瀬政権は来年の消費税を再度延期する口実を模索し、再延期を争点に衆参同日選を考えているという。誰もが望む消費税延期を政権側が争点にすること自体我田引水に過ぎないが、2度も消費税延期をせざるを得ないことはアベノミクスが破綻の証明でもある。利下げや政府による景気刺…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

~さりげなく作る男の料理、名古屋風手羽先~

簡単で人を唸らせる(と勝手に思い込んでいる)男の料理をご紹介しよう。 昔出張で名古屋に泊まることが多かった。出張での楽しみは、各地の味の名物を味わうこともその一つである。その名古屋の味の名物に手羽先がある。中でも有名な双璧は「世界のやまちゃん」と「風来坊」だがどちらも美味しい。私がよく通ったのが「世界のやまちゃん」の店の手羽先だ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

~項羽と劉邦の戦いに見る人生の教訓~

 中国最初の統一国家秦を滅ぼして天下の覇を競った両雄項羽と劉邦の戦いは人生に多くの教訓を与えている点で私には非常に興味がある歴史だ。項羽と劉邦は70回以上干戈を交え、項羽はすべて勝ちながら最後戦いで敗れ自刎して滅んだ。この二人の戦いの中で、今日の日本には熟語や成句として鴻鵠の志、左遷、指鹿為馬、乾坤一擲、国士無双、背水の陣、四面楚歌、捲…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more