~今年も暇つぶしのジャムづくり~

  今年も我が家の庭に実った果実が食べるでもなく熟れて強風が吹くと飛ばされて隣家の庭先に落ちたりするので面倒だが収穫することにした、猫の額程の庭にはレモンやユズ伊予柑にキウイが実のる、元々は孫達の誕生に併せて植えたもので、果実の成長課程と収穫の楽しさを体験をさせようとして植えたものだが幼稚園から小学3年生くらいまでは興味を持ってくれるも…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

~北朝鮮はアメリカ軍産複合体の最大の協力者~

  正月明けに北朝鮮が自称水爆の実験を行ったと報じられた。北朝鮮が何か不穏な動きをするごとに思い出すことがある。第34代米国大統領アイゼンハワーが1961年の退任演説で、米国軍産複合体の不当な民主主義への侵害を警告したことだ。第一世界大戦までの戦争では、国家が戦争に直面すれば、これまで平和な時期には農機具を作っていた鍛冶屋が剣をつくり、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

~銃社会アメリカはなぜ銃規制が出来ないのか~

  先月もアメリカではカリフォルニア州の福祉施設で銃の乱射事件によって14名の尊い命が奪われた。オバマ大統領は、年中行事のように明けても暮れても銃の犠牲者に弔意を表すことにたまりかね、「先進諸国の中で、こんな銃乱射事件が起こるのは唯一アメリカだけだ」と恥じて嘆いた。アメリカでは、このような銃の乱射事件が昨年だけでも3回は起きていると記憶…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

~中国国連代表権と日本の戦争能力~

 最近の国際政治をみると、ISISが猖獗を極め、米国、や欧州で銃乱射やテロが頻発し世界の秩序は麻のごとく乱れ、アメリカも世界の警察官を自認することを否定している。一方、中国の経済力の向上とともに軍事力も増大し特に安倍政権は中国の脅威を煽り日本も戦争法案の法制化や軍事力強化の口実に利用している。しかし、戦争戦略の基本は軍事力というより…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

~柿ジャムを作り、柿の渋戻りを知る~

  日本では、深い橙色の柿の実が深く澄んだ秋の空を背景に柿の木に鈴生りに生っている風景は実りの秋を象徴するお馴染みの風景でもある。日々の無聊を慰めるために、私は時々いろいろなことに挑戦している。自宅の庭に生る無花果でジャムをつくることがあり、その要領で知り合いから頂いた柿でジャムを作ってみた。これが意外と上手く出来たため、スーパーで…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

~”Amazing Grace”の曲にまつわるエピソード~

私の好きな音楽楽曲の一つにアメイジング・グレイスがある。歌と言うものは、曲ではなく歌詞が命であると言われる。マイ・ウエイがしょぼくれたフランスの唄だったが、ポール・アンカが「マイ・ウエイ」の詩を書いて爆発的に世界中で広がったことでも分かる。この曲は本来讃美歌なのであるが、普通にポピュラー音楽として様々な歌手によって歌われている。讃美歌で…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

~なぜ9月や10月などの英語名が”7月”や”8月”なのか~

人間は長い間、間違ったことを気付かず人生を過ごすことがある。たとえば、「深慮遠謀」又は「深謀遠慮」はどちらかで覚えて使っていながらどちらかが誤りであると思い込み、両方とも正しく同じ意味であることを知らなかったり、自分の知識や考えが間違っていることが人生には少なくない。   今月は10月である、10月は英語でオクトーバーという。蛸…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

~天保水滸伝、大利根河原の決闘に見る日本の心象風景~

“〽利根の川風袂に受けて、月に掉さす高瀬舟....”おなじみの浪曲「天保水滸伝」の名調子である。私の住む九十九里浜の北端が飯岡で、そこはこの浪曲の敵役飯岡の助五郎が本拠地にしていたところである。この浪曲の主役は、利根川沿いの笹川の博徒の親分笹川の繁蔵である。そして、脇役が繁蔵の「用心棒」平手造酒と子分の勢力富五郎(せい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

~TS-930S 再度復活~

  私のシャックには数台の無線機が有りますが、このTS-930Sには特別な思い入れがありまして、過去何度かメーカー修理に出しながらも30年近く現役で活躍してくれました、そのTS-930も持ち主と同じく寄る年波には勝てず、経年劣化して参りました。一年前にはAVRのツェナーダイオードが破損して周辺のTR共々交換して何とか回復しましたが、今回…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

~国会前に12万人、日本の国体について考える~

   8月31日、雨がそぼ降る国会を学生一般国民、子供を含む老若男女12万人が国会を包囲した。いまどきの学生は政治に全く関心がないと思っていたが、まだ若者らしいらしい純粋さと政治の不誠実に対する正義感を失っていなかった。また、デモと言う政治行動にもっとも遠い一般国民が雨の中デモに参加したしたことに驚いた。権力宣撫広報機関NHKは戦後最大…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

~官僚機構による政治の劣化、戦後70年を振り返る~

 間もなく敗戦(政府は終戦と騙る)70年を迎える。私は敗戦の年の秋、昭和20年11月に生まれたため、日本の戦後史は私自身の人生そのものでもある。私の両親は朝鮮総督府の吏員であったため、朝鮮から苦労して引き揚げて帰り、日本に着いて3日目に生まれたそうである。もう少し早く生まれ出ていたら、朝鮮の赤土に埋められていたかもしれないと思うことがあ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

~安倍政権、安保法案と言う縦米戦争法案をごり押し~

7月16日安倍政権は憲法でこれまで否定されてきた集団的自衛権によって米国の侵略戦争に海外で参加するための安保法案を野党欠席の中、自民公明により強行採決された。この法案は「平和と安全のため」と国民を愚弄しながら実態は「従米戦争法案」である。  まず、憲法とは端的に言えば、国民を支配権力から守るため、即ち権力の暴走を防止するためにある。し…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

~凡将と米百俵の故里長岡を訪ねて~

友人夫婦と佐渡へ旅行し、帰りに長岡に寄って来た。梅雨時の旅行で、天候は覚悟していたが、全日程が晴天という僥倖に恵まれた。長岡は、若いころ司馬遼太郎の「峠」と言う本の中で、河井継之助の生きざまを描いた舞台で、一度立ち寄ってみたいと思っていたところであった。  私は、多少へそ曲がりなところがあり、世間の評判や一般の評価よりも自分の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

~ダビデとゴリアテの戦いに見る常識の壁~

歴史を振り返ってみると、常識を覆す事例を数多目にすることがある。中小企業の経営者が、大企業には初めから叶わないと諦めるか、いや必ず大企業にも弱点はあると信じて戦うかによって展望は大きく変わることがある。日露戦争で誰も日本が勝てるとは思わなかった強大なロシア帝国のバルチック艦隊に新興小国日本の連合艦隊が大勝利を収めた例や、ミッドウ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

~安倍首相、「戦争法案」を「平安法案」と強弁する牽強付会~

  過日安倍首相は、アメリカの忠犬となって自衛隊が集団的自衛権行使と言う名目で海外何処でもアメリカと戦争が出来るように恒久法制を整備する法案の理解を得るための会見を行った。安倍首相は、頭の構造が常人の理解力を超えているか、厚顔と言わざるを得ない。この安倍首相の厚顔ぶりは、まともな人間はとても恥ずかしくて言えないガダルカナル敗退、退却を「…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

~3.5ネット「菜・再きんさい広島大会大会」に出席した~

   大会が開催されたのは、ゴールデンウイークの始まる5月2(土)~3日(日)、場所は広島県山県郡安芸太田町(いこいの村広島)にて開催されました。当日は五月晴れのお天気にも恵まれ、中、四国、九州、関西、関東各地から参加者も、記念撮影の始まる夕方5時半頃までには皆様無事に到着されました。 大会は6時から始まり、前年サイレントになられた7…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

~「都市伝説JFケネディと上杉鷹山」に決着~

私が若いころ、米国第35代大統領ジョン・F・ケネディが大統領に就任して間もないころ、NHKの特派員が就任間もないケネディ大統領にインタビューした際、「日本人で尊敬する人はだれかいますか?」と質問すると、迷わず「上杉鷹山です」と答えたというエピソードを何回か記事で見た記憶がある。  この話の肝は、概ね常識においては一般レベル以上の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

~「鯨構文」受験英語を馬鹿にしてはいけない~

 よく世間では、日本人の英語が「受験英語」とか実用には役に立たないなどといって軽い英会話ができないことを馬鹿にする傾向が見受けられるが、けっして古典的だの受験英語だのと馬鹿にしてはならない例を挙げよう。 オバマ大統領の2期目の大統領演説に次のような一節がある。 ... For the American people can no m…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

~日本の閉塞を物語る報道の自由度過去最低61位~

 最近の日本の世情を見ると、目をそむけたくなることがあまりに多く、かえって直視にたえず等閑視してきた。この閉塞感は何であろうか?日銀の独立性を放棄してアベノミクスを演出し、見かけの景気は悪くないように見え切迫感がないが、本来今年から消費税が10パーセントに引き上げられるはずを再来年に延期したこと自体景気は予断を許さない局面が間近に差し迫…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

USBインターフェースの修理

私の使ってるインターフェースは「CQSSTV-USB」と言うUSBインターフェースを使っています、使い始めて4年近くになるが大きなトラブルも無く動いて居りました。最近USBのコネクターの接触不良かUSBオーディオデバイスを取り込めなくなり、ケーブルを脱着すると認識するようになりました、この頃ではケーブルを抜き差ししても反応しなくなり修理…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

~台湾トランスアジア航空機事故称賛に違和感~

 台湾のトランスアジア航空のATR47型機が4日台北の空港付近の基隆河に墜落し、乗員乗客58名のうち36名が死亡した事故について、機長の対応に対する賞賛の声が出ている。中国メディア・中国新聞網は5日、死亡した機長の判断が世界を感動させる奇跡を生んだと報じていたが、異様な違和感を感じる。死亡したパイロットには気の毒だが、マスコミの無責…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

~安倍首相の不可解な言動に見るテロとの戦い~

  この数日、イスラム国による湯川遥菜さん殺害と、フリージャーナリスト後藤健二さんのネットによる音声付画像によるメッセージに関する報道で溢れている。イスラム国の人質要求が出されて以来、安倍総理は一貫して「テロには屈しない、人命第一」ということを繰り返し続けている。明らかな論理矛盾であることに気づいているのかいないのか知らないが、国民…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

~「花燃ゆ」、明治維新の原動力となった松下村塾の双璧~

  歴史に if はないが、久坂玄瑞と高杉晋作という松下村塾の双璧をなす若者が居なければ、あるいは吉田松陰という激越な行動思想家が居なければ明治維新と言う「回天の偉業」は実現しなかったのではないだろうかと常日頃から感じている。事件や歴史は事象の連鎖の延長線上にあり、途中のいずれかの一つでも欠落すれば別のベクトルに方向が変化し違った結…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

~大韓航空ピーナッツ・リターンの騒動と魔女狩り~

 最近米国ニューヨークJFK空港から仁川に向かう大韓航空機がランプアウト・リターン(離陸前に駐機場に引き返すこと)したことで大騒ぎになっている。事の起こりは、大韓航空のサービス担当の副社長が、CA(客室乗務員)がピーナッツを容器に入れてサービスすべきところを袋のまま出したことに対し、パーサー(キャビンの責任者:事務長)の対応に激昂し…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

~今使ってる NIKON Dfと言うカメラ~

  カメラの性能にこだわって買った記憶があるのはライカM6を買った時くらいかも知れない、カメラの性能と言うよりズミルックスのレンズを選ぶ過程で二本は買えない価格のレンズで随分悩んだ記憶がある。スナップ写真を多く撮っていた頃なので35mmと迷って、結局50mmにしたのだがやはり、35mmが正解だったろう、ところで「ニコンDf」だが、デジタ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

~ハーレー・ダビッドソン FXB スタージスが帰ってきた~

  春先から始めていた私の古い錆びついたハーレーのレストアが終わり、車検が交付され堂々と公道で走れるようになった。最後に車検を取って乗らなくなって15年、自分で分解して途中放棄して10年、病気になって邪魔になり屑鉄にして処分しようとした矢先、テレビでアメリカの骨董品レストアの見事さに感心して一転レストアすることにした。  有難いこ…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

~元プロボクシングミドル級チャンピオン竹原慎二氏膀胱癌、闘病中~

  昨日夕刻友人より、6チャンネルを見るようにと電話があった。 ボクシングの元WBA世界ミドル級王者で、タレントの竹原慎二氏(42)が21日に放送されたTBS「爆報!THE フライデー」に出演して、膀胱癌の闘病生活を語っていた。 私も先週の予告で。この番組を見ようと思っていたがすっかり忘れていて、タイミングよく電話をもらって見そびれ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

TL-922 ファンを交換した

 前回冷却ファンを交換してから数年になるのだが、異音が発生し始めたので交換部品を探していたが、(三洋電気㈱の San Ace 120)と言うファンが使えそうなのでこれを注文した。このファンは100VACで、通常2700回転/分あまりのところ、1700回転/分と回転数を抑えている為ノイズも低く快適だろうと思い交換してみた。ただ、取り付けて…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

~膀胱癌、前立腺癌擬似同病相憐む~

 私が癌(膀胱癌)を発症して約一年が過ぎようとしている、先日一年目の定期診察を終えたところである。内視鏡による診察の結果は、膀胱内に小さすぎてわからないが赤みを帯びたふくらみがあるという、ただの膀胱の襞(ひだ)かよくわからないので来年一月の次回の診察にまた診てみようということであった。再発は覚悟しているので、Tur-bt(経尿道的切…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

~スコットランド・ジョークに見る独立を選ばなかった理由~

 9月18日に英連邦スコットランドの独立を問う住民投票が行われたが、45%対55%で独立は否定された。この差を大きいとみるか、小さいとみるかは意見は分かれるところであろうが、スコットランドはどちらに転んでも得をしたと言える。なぜなら、連合王国から離脱されるイギリスは領地の三分の一を失い、国際社会で、EU内で大きく威信を失うところであっ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

旧海軍鹿屋航空隊・旧陸軍知覧基地見学の旅

  特攻隊と言えば知覧と思われる方が多いようだが実は九州には終戦間近の戦局が沖縄沖と言う事もあり特攻基地が集中したようだ、中でも海軍鹿屋基地から908名次いで知覧基地が436名海軍国分基地から427名、その他宮崎赤江基地、海軍串良基地、陸軍万世基地、海軍出水基地、海軍指宿基地、陸軍都城基地と、南九州方面に集中したようだ、今回は以前から、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

~”FREEDOM”と”LIBERTY”の違い~

日本人は抽象的概念に対する理解が乏しいというのは、私の長年の実感である。日本人は、観念的であって、物事の本質(概念)について把握すること苦手である。そのために日常的に国民権利が蔑にされていても、官僚支配によって民主主義が形骸化されていてもほとんどその被害を感じることがない。いわゆる「ゆでガエル」にされていることの自覚がないのもこのため…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

~プーチン大統領を甘く見ない方が良い~

対ロシア経済制裁に宗主国アメリカに渋々付き合わされて絶望視していたロシアのプーチン大統領の国賓公式訪日が以外にも実現するという。ロシア側が、この秋の訪日要請を予定通り受けると日本側に伝えてきた。さすがにプーチン大統領の懐は深い。プーチンに抱き付かれて寧ろ安倍首相はさぞ困っているだろう。アメリカと日本の間にくさびを打ち込むようなやり方だ。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

~究極のエコ・カー「リーフ」が家にやってきた~

 これまで乗っていた日産エクストレイルから同じく日産のリーフに替えた。エクストレイルがハイオクで燃費が悪くなったので、思い切ってリーフに替えることにした。バッテリーはリチュームイオン電池で24KWHの容量があり、カタログ通りの航続距離200km以上とはいかないが、満充電で170Km位は走れる。長距離通勤しているわけではなく、年金生活者の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

~終活にハーレー・ダビッドソンFXB STURGISのレストアを始める~

http://90326214.at.webry.info/201304/article_3.html  最近終活という言葉を耳にすることがある。多分、人生の終末を迎え、身辺を整理し人生を総括して葬式のことまで準備しておくくらいの意味と想像する。 私の身近な例で特に印象に残った出来事があった。近所の知人で、老後はいい話し相手、茶飲み相…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

~世の中の最大の敵は何か、それは無知と無関心~

http://90326214.at.webry.info/201304/article_3.html  スティーブン・セガール主演の映画をみていたら、大悪党が唸らせるセリフを吐いていた。権力者が「世論を満足させるよりも、世論を作る方が経済的だ」と嘯いていたのである。日本の現状も実にこの言葉が正鵠を得ていると改めて感心した。映画のストー…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

~なぜ錐体の体積は錐体の底面を断面とする柱体の体積の三分の一なのか~

年を取ると思考力が衰えるので、無聊を慰めるためにも頭の体操を兼ねていろいろ考えてみることがある。日ごろ疑問に思っているその一つが、表題の三角錐や円錐などの錐体の体積がなぜ底面を共有する柱体の体積が三分の一なのかという素朴な疑問への挑戦であった。底面積をSとし、錐体の頂点までの高さをHとすればその体積Ⅴは次のように表されることは小学校高学…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

~「勝てば官軍」の本当の意味は「君臨すれど統治せず」王朝存続の最良策~

日本には「勝てば官軍、負ければ賊軍」という言葉がある、意味は何事も強い者や最終的に勝ったものが正義とされることのたとえである。このニュアンスは、勝ちさえすれば不適切あるいは正しくないことでも正当化されるという意味で使われる。これに似た表現では英語に“Might makes right.”(正義は力によって決まる)という言葉があり、洋…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

~天網恢恢疎にして漏らさず、PC遠隔操作事件~

  最近のPC遠隔操作事件のあっけない結末に、“天網恢恢疎にして漏らさず”という言葉を思い出した。天が悪を捕える網は大まかな目に見えるが決して打ち漏らすことはないという戒めである。他人のPCを遠隔操作して殺人予告などを送った事件で4人の誤認逮捕者を出したが、この事件の容疑者で保釈中の元IT関連企業社員片山裕輔被告はあろうことか、スマホで…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

~韓国セウオル号事故に見るクルーのシーマンシップの欠如~

 韓国の沿海フェリー、セウォル号の事故第一報当初から、事故船の異様な形態に驚いた。横転している船体の高さの割に喫水以下の船底部分が以上に浅いのである。底の浅い川船に4階建ての建物乗せたような、見るからにロール復元性が劣悪な形状なのである。  この事故の船長以下クルーのシーマン・シップの欠如もこの事故の大きな特徴でもある。シーマン・…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

TL-922のメーターランプ交換

TL922のメーターランプにははムギ球が4個使われているが、最近ではムギ球を販売している店舗も限られるようだ、仕方なく手持ちのダイオードとLEDドライバーモジュール、それに電流制限抵抗は、ジャンクボックスを引っ掻き回して探して何とか取り付けたが、少し暗い(笑)!やはりムギ球の方が温かみが有るが、球切れよりましかと、暫らくこれで行こうと…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

~アメリカの終わり始まりに見る胆力のプーチンと口先だけののオバマの限界~

 私は、子供の頃はアメリカの文化に憧れた時期もあったが、長ずるに及んでアメリカの暗部を知るようになり、アメリカ人やアメリカという国が嫌いなわけではないが、アメリカを統治する集団の帝国主義的覇権主義と自由を振りかざして他国の主権に容喙する偽善性を看過することができない。朝鮮半島、ベトナム、アフリカ、中東、中米、イラク、イラン、アフガニスタ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

~第三次世界戦か冷戦か、風雲急を告げるウクライナ~

平和の祭典、ソチ五輪がおわったかと思えば、ソチの近くのウクライナでヤヌコビッチ親露政権が崩壊し、ロシアがウクライナで軍事力を行使する権限をロシア議会が全会一致でプーチン大統領に与え、アメリカ・オバマ大統領、EUがロシアに対してウクライナの主権黄土の一体化を犯すことのないようにプーチン大統領に警告を繰り返すなど、情勢は緊迫している。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

第13回西日本ハムフェア(行橋)に行く

 ハムフェアなるイベントにあまり感心が無くてこれまで出掛けた事がなかったが、当日何の予定も無く、長く何処へも出掛けていなかったことなどから、この時期には珍しい好天と暖かさに誘われて出掛けてしまった。走って見ると高速道路は日曜日と言うのに比較的空いていて、走りやすく片道約240Kmを3時間余りで行橋市に到着したが、私のカーナビは古く、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

TL-922 リニアアンプの電源SW交換

 半年あまり前から電源スイッチをON/OFFする際、違和感があったがついに電源オフしても数回パチパチ切り換えないと切れない状態になったので、ついに重い腰を上げ交換する事にした。電源スイッチは、ある方のブログを参考にさせて頂き、オータックス㈱と言う会社に注文(ALN01)と言うタイプのロッカースイッチを3個購入比較的リーズナブルと言うか良…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

~ソチ2014五輪、浅田真央の健闘に感動~

 2014年ソチ冬季オリンピックが閉幕した。その中で最も注目を集めたのが2月20日に行われた今季オリンピック最大のハイライト、女子スケート、フリースケートだろう。浅田選手の不屈の健闘に金メダルを獲る以上に感動した。前回2010年カルガリーの雪辱を雪ぐために4年間臥薪嘗胆この日のために根本的にスケートを見直し、これまで積み重ねてきた…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

~東京都知事選、原子力村に屈した都民の暗愚~

 2月9日投開票の東京都知事選が終わった。投票終了即時「ゼロ打ち」でNHKは舛添元厚労大臣の当確を報じた。小泉元総理大臣の支援を受けた候補者の細川元総理大臣は共産党社民党推薦の宇都宮けんじ候補にも僅か3万票あまりとは言え抜かれて第三位に終わった。   細川・小泉連合の敗因は立候補届出直前の逡巡と出遅れもあるだろうが、小泉支援を恐れ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

~膀胱癌手術・TURBT(経尿道的切除術)を受ける~

 12月9日午前十時に千葉県がんセンターに入院、手続きを済ませ11時にさっそく麻酔医の説明を受ける。 同室のK(75)さんと知り合う。Kさんは10年前、前立腺肥大を手術し、手術した個所が癌になったそうだが、前立腺が腸と癒着して、侵襲性の少ない最新のロボット、ダビンチによる前立腺摘出ができず、従来の手術をすると言っていた。  75…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

TS-930-S 愛機のAVR修理

この、TS-930Sは、私がCWを本格的に始めた30年以上前に購入した機械で、CWフィルターをオプションで装着したり、安サラリーマンには高価な機械だったので大切に使って来ました。又、TL-922のエキサイターとしても随分頑張ったものですが、5~6年前から、あちこちトラブルが出始め、何度か調整と修理のためケンウッドの修理センターのお世話に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

~膀胱癌宣告・冷厳な事実を受け入れることへの逡巡~

病気療養のためにブログのエントリーを暫く中止していた。それはある日突然やってきた。2013年11月15日、地域の行事で近くの小学校での行事に参加中、尿意を催しトイレで用を足していると、便器に紅茶の茶殻のようなものが尿に交じっていたので、不審に思い手で触ってみると赤く広がった。只ならぬ予感を感じ、児童の作った太巻きの昼食をうわの空で…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more