テーマ:アマチュア無線

~FT-101Eの(FIX)PROFCESSユニットのメンテナンス~

 (FIX)PROFCESSユニットなるものはESタイプ機(10W)にはオプションとなっており 付いていない、この機械はネットのオークションで、手に入れたもので勿論ジャンクとして出品されていたものです。最終的にクリスタルを取り付け問題のあった(FIX)PROFCESSユニットのVR-1(500Ω)の半固定VRを買ってきてやっと交換でき…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

~FT-101Eと遊ぶ~

  最近のことFT-101Eをヤフオクで落札しました、無線を始めた頃、今から40年近く前のこになりますが開局はトリオのTS-520(10W)でスタートしました。当時は何となくTS-520のデザインが新鮮な気がしたと言う程度の話でしたが以来TS-820SからTS-930S、TS-2000Sまでずっとトリオ(1979年以降ケンウッドに改名)…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

~FT-101E を手に入れて.......~

  私が今回FT-101E を入手するに至った経緯は、3.5Mhz(SSB)の固定周波数の水晶を別のFT-101ESに取り付けようとした事に始まります。FT-101ESは固定周波数用のクリスタルを取り付けるためのPB-1534なる基板がオプションとなっており基板が付いておりません。そこで、このオプション基板をオークションで探しましたが上…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

~TS-930S 再度復活~

  私のシャックには数台の無線機が有りますが、このTS-930Sには特別な思い入れがありまして、過去何度かメーカー修理に出しながらも30年近く現役で活躍してくれました、そのTS-930も持ち主と同じく寄る年波には勝てず、経年劣化して参りました。一年前にはAVRのツェナーダイオードが破損して周辺のTR共々交換して何とか回復しましたが、今回…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

~3.5ネット「菜・再きんさい広島大会大会」に出席した~

   大会が開催されたのは、ゴールデンウイークの始まる5月2(土)~3日(日)、場所は広島県山県郡安芸太田町(いこいの村広島)にて開催されました。当日は五月晴れのお天気にも恵まれ、中、四国、九州、関西、関東各地から参加者も、記念撮影の始まる夕方5時半頃までには皆様無事に到着されました。 大会は6時から始まり、前年サイレントになられた7…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

USBインターフェースの修理

私の使ってるインターフェースは「CQSSTV-USB」と言うUSBインターフェースを使っています、使い始めて4年近くになるが大きなトラブルも無く動いて居りました。最近USBのコネクターの接触不良かUSBオーディオデバイスを取り込めなくなり、ケーブルを脱着すると認識するようになりました、この頃ではケーブルを抜き差ししても反応しなくなり修理…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

TL-922 ファンを交換した

 前回冷却ファンを交換してから数年になるのだが、異音が発生し始めたので交換部品を探していたが、(三洋電気㈱の San Ace 120)と言うファンが使えそうなのでこれを注文した。このファンは100VACで、通常2700回転/分あまりのところ、1700回転/分と回転数を抑えている為ノイズも低く快適だろうと思い交換してみた。ただ、取り付けて…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

TL-922のメーターランプ交換

TL922のメーターランプにははムギ球が4個使われているが、最近ではムギ球を販売している店舗も限られるようだ、仕方なく手持ちのダイオードとLEDドライバーモジュール、それに電流制限抵抗は、ジャンクボックスを引っ掻き回して探して何とか取り付けたが、少し暗い(笑)!やはりムギ球の方が温かみが有るが、球切れよりましかと、暫らくこれで行こうと…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

第13回西日本ハムフェア(行橋)に行く

 ハムフェアなるイベントにあまり感心が無くてこれまで出掛けた事がなかったが、当日何の予定も無く、長く何処へも出掛けていなかったことなどから、この時期には珍しい好天と暖かさに誘われて出掛けてしまった。走って見ると高速道路は日曜日と言うのに比較的空いていて、走りやすく片道約240Kmを3時間余りで行橋市に到着したが、私のカーナビは古く、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

TL-922 リニアアンプの電源SW交換

 半年あまり前から電源スイッチをON/OFFする際、違和感があったがついに電源オフしても数回パチパチ切り換えないと切れない状態になったので、ついに重い腰を上げ交換する事にした。電源スイッチは、ある方のブログを参考にさせて頂き、オータックス㈱と言う会社に注文(ALN01)と言うタイプのロッカースイッチを3個購入比較的リーズナブルと言うか良…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

TS-930-S 愛機のAVR修理

この、TS-930Sは、私がCWを本格的に始めた30年以上前に購入した機械で、CWフィルターをオプションで装着したり、安サラリーマンには高価な機械だったので大切に使って来ました。又、TL-922のエキサイターとしても随分頑張ったものですが、5~6年前から、あちこちトラブルが出始め、何度か調整と修理のためケンウッドの修理センターのお世話に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

~マイクのインピーダンス変換トアダプターを使って見る~

  友人からFT-101を譲り受けたのはもうかれこれ10年も前でした。日々何かと忙しく、貰った機械の点検修理もやり掛けては投げ出して居りました。最近機械の整備はほぼ終ったものの、50KΩと言うハイインピーダンスのマイクが有りません。FT-101用のオリジナルマイクロフォンをインターネットで探していましたがこれも、これも今では…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

~FT-101リレ-を交換~

 リレー AE-3271 と検索を掛けると、パナソニックの制御機器のページが開き、1996年11月29日を持って生産中止となりました、との事、1996年と言えばつい最近のようだが、数えて見るともう17年も経っている事に驚く、サラリーマン時代あくせく働くばかりで、立ち止まって辺りを見回す事が出来てたら、又違った道もあったような気もするが、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

FT-101-ES 再調整

  愛機TS-930Sが故障、AVR UNITのツエナーダイオードが焼損していたためパーツ屋で探して見たが、定格通りのモノは見付からず、お空でその話をしていたところ、愛媛の友人が、親切にジャンクから取り外したAVR UNITを送ってくれた。やはり持つべきものは友ですね、そんなありがたい気持ちで修理に掛かってみると、どうした事でしょう?、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

~TS-930S のAVR破損~

  7月後半の暑い日の午後、私の愛機TS-930Sのチューニング中、バチッツ!と言う嫌な音とともに、電源が落ちた、恐る恐る機械のカバーを開けると、溜まっていた煙が出て来た。煙はは電源付近から出ており、その場所はAVRと言われるサブ基盤に大型のコンデンサーやトランジスターの張り付いた10cm四角ほどの基板だが、TS-930の故障箇所として…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

~お早う・こんばんは3.5ネット出雲遷宮大会に出席~

  五月18日-19日の土日にかけて、お早う・こんばんは3.5ネット「出雲遷宮ミーティング」が島根県出雲市国民宿舎「国引き荘」で行われ、3.5ネット愛好メンバー93名が集まり盛大に模様された。おはよう・こんばんは3.5ネットは1974年に6エリアで始まったと言われておりその歴史は40年近いもので、ブロックミーティングも35回目となった。…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

第32回全国和文愛好者の集い呉大会に出席して。

  4月13~14日にかけて広島県呉市国民宿舎野呂高原ロッジに於いて「全国和文愛好者の集い呉大会」が開催され私も参加させて頂きました。当日は好天に見舞われ心地よい瀬戸の潮風を受けながら、およそ2時間あまりのドライブを楽しみながら到着しました。839mの標高は登るだけでもその見晴らしは素晴らしく、眼下の蒲刈大橋や瀬戸の島々が、ジオラマの様…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

~USB-シリアル変換器取り付け~

今年の2月に秋月電子で買ったまま、シャックの棚で埃を被っていた、USBシリアル変換ケーブルが出てきた、このケーブルは本来USBポートを利用して、ノートパソコンなどにRS232Cポートを追加するケーブル。そのポートを利用してCAT(無線機をPCでコントロール)やPSK、RTTY、SSTV、Keyboard CWなど多くのソフトを使っ…
トラックバック:1
コメント:2

続きを読むread more

~再開局から4年目を迎えて~

 昭和51年(1976年)6月に開局した私は、本来ならアマチュア無線暦38年と胸を張るところだが、実際は23年余りになる。サラリーマンの宿命と言うか、関西、博多と単身赴任に明け暮れ、大好きなアマチュア無線も止む無くQRT(中断)していたが、リタイアを機に、ローカルのOMの勧めもあり、中断していた無線を再開する事を決めた。15年近く埃を被…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大型台風一過、アンテナの復旧

 今年最大級と云われる大型台風の接近と言うニュースを知ったのは9月15日だったが進路が明確になって来たのは日曜日だった。台風の風が吹き出すとアンテナを下げる作業も出来なくなるため、日曜日の夕方ワイヤーアンテナのサイドポール2本を短縮する事にした。写真の通り痛々しくジョイントした部分の写真があるが、グラスファイバー製のサイドポール(釣竿の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

充電式ニッケル水素電池

最近ニッケル水素電池が随分安くなってきたので重宝している。最新のものは2700mAhも出ているようだが、一般的には1900mAh程度の物が大半であろう。私は、MFJ ANALYZER MFJ-259(単3×10本) NiconD300デジタル一眼(単三×8本)などとやたら使用しているが、各種リモコンから、無線機内のメモリーバッテ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

1976年(昭和51年)私の開局した頃

私の開局年は1976年(昭和51年)ですが、恥ずかしい話、当時を思い出しても具体的に話せるような情報が有りません。当時私の年齢は35歳日々の生活に追われ周りを見てる余裕など無かったようにも思います。時代はロッキード事件(田中角栄首相逮捕など戦後最大の汚職事件)ソ連のミグ25亡命事件などあまり明るいニュースの無かったこの年、鹿児島に五つ子…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

お早うこんばんわ3.5ネット山口大会(第34回)

 おはよう こんばんは 3.5ネットは昭和49年(1974年)9月22日にスタートし、今年で38年目を迎えた。その間私の知る限り毎朝毎晩ネットは継続され、朝晩共に13.725回(4月22日現在)に達しております。38年間にわたり、ネットを受け継いでこられたOM方の努力に敬意を表したいと思う。今回の中国ブロックミーティングも今年34回目の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

マニュピレーター

これらのKeyは、30年くらい前に購入したものだが、長い間棚の上でホコリをかぶっていたものです。 写真で見ると綺麗に見えるが、近くで見ると結構あちこち錆びが出てしまっている。最近、オーバーホールし、テストしてみたが、バグキーやシングルレバーは、なんだかタイミングが合わず、(手首が硬くなっているせいか)うまく叩けなかった。最近の2年間余り…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

”HAM”の語源?

  アマチュア無線家のことを、”HAM”と呼びますが、この呼び名(HAM)の語源はあまり知られていないようですね。 諸説ある中、英国では、大根役者をAmateur (アマチュア)素人の”AM”に呼び易く”H"をつけてHAMと呼んだそうです。 又、大根役者に限って、HAMLET(シェークスピア)を演じたがるのでHAMと呼んだとか(笑)ア…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

95’130万局から、08’50万局へ減少の怪。

 最近ある資料を見て驚いた。1952年私が11歳の頃日本のアマチュア局数は、僅か100局足らずだった。 開局した1976年には、30万局あまりになり、1990年には何と、100万局を超えた。  そして1995年136万局をピークに減少の坂を猛スピードで下り始め、昨年2008年には、僅か49万局になってしまった。 早い話、私が開局した当…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アマチュア無線あれこれ

  アマチュア無線局の数は、世界におよそ250万局と言われています。 最も多いのは日本で、1994年のピーク時で136万局、2番目に多いのがアメリカで約65万局、3番目がドイツの約7万局、因みにお隣の韓国は約2万局(1994年当時)と云われています。 その後、日本ではアマチュア局の急激な減少に歯止めがかからず、現在では50万局以下に半減…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アマチュア無線雑感「アマチュアコード」

 世界のHAM人口は一時期250万局とも言われた時代、日本のアマチュア局は、136万局(現在50万局)と全世界の約半数を誇っていた。しかし、日本のHAMは当時も今もマナーは最低と言われている。[overseas](DX)で恥を晒すのは本人の勝手と思っているのか、1KWで10回呼ぶ迷惑より10KWで1回で応答して貰う方が、電波障害も少な…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ローカルラグチュー

ローカルラグチューの話をしましょう。私が開局した昭和51年(1976年)当時はモービル(144Mhz)全盛の時代でした。田舎に住んでいた私は、土日や、夜間は車に乗ることが少ないため無線が出来ませんでした。 試験の為にかじった無線工学でVHF帯の電波の性質は知っている積りでしたが実際には殆ど無知で、屋根の上に八木アンテナ(4パラ)…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

JARL会員が減少を続ける理由

   アマチュア無線局の面白い提言を読んだ。それは、5期(10年)以上JARLの役員を続けている方には投票しない事、と云うものだが確かに一理ある。 その方の人柄、経験は抜群であっても十年一日の如く、JARLの体質を何も変えられなかった役員の一人としての責任は有る。 私は、長い間JARLを支えている会員層は10~15年以上の継続会員(OM…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more