~マイクのインピーダンス変換トアダプターを使って見る~

  友人からFT-101を譲り受けたのはもうかれこれ10年も前でした。日々何かと忙しく、貰った機械の点検修理もやり掛けては投げ出して居りました。最近機械の整備はほぼ終ったものの、50KΩと言うハイインピーダンスのマイクが有りません。FT-101用のオリジナルマイクロフォンをインターネットで探していましたがこれも、これも今では…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

~FT-101リレ-を交換~

 リレー AE-3271 と検索を掛けると、パナソニックの制御機器のページが開き、1996年11月29日を持って生産中止となりました、との事、1996年と言えばつい最近のようだが、数えて見るともう17年も経っている事に驚く、サラリーマン時代あくせく働くばかりで、立ち止まって辺りを見回す事が出来てたら、又違った道もあったような気もするが、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

~ハプスブルグ家の栄華を物語るオーストリア・ウイーン~

  前回に続いて、ドイツ・オーストリアの旅を振り返る。 モーツアルトの生誕地ザルツブルグ市内を回る。ザルツブルグは、街の南側にホーエン・ザルツブルグ城が威圧するようにそびえる中世の都市が何の違和感もなく現代の都市の一部としてその美しい景観を保っていることに驚く。もともと古代ローマ時代は商業の中心地であったが、700年ころ司教区が置…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

~ドイツ、ロマンチック街道を行く~

 前稿で予告した通り、11月3日から10日までドイツ、オーストリアを旅してきた。成田からウイーン経由でフランクフルトに入り、リューデスハイム、ライン川下り、ハイデルベルク、ローテンブルグ、ネルトリンゲン、シュバンガウのホーエン・ノイ・シュバン・シュタイン城、ビーズ巡礼教会、ザルツブルグ、ザルツ・カンマ―グート、ウイーンと言ったところ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

~阪急阪神ホテルズメニュー偽装、「恥知らずの文化」の日本~

 日本の文化は「恥の文化」だと、アメリカの文化人類学者ルースベネディクト女史は結論付けたが、だからと言って「恥を知る文化」ではない。単に「恥知らず文化」にすぎない。なぜなら、最大の恥とは嘘をつくことであるが、嘘をついて恥をかくことを避けることを恥と認識しない民族性があるからだ。  阪急阪神ホテルズの大量料理偽装が発覚して、出崎社長…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

FT-101-ES 再調整

  愛機TS-930Sが故障、AVR UNITのツエナーダイオードが焼損していたためパーツ屋で探して見たが、定格通りのモノは見付からず、お空でその話をしていたところ、愛媛の友人が、親切にジャンクから取り外したAVR UNITを送ってくれた。やはり持つべきものは友ですね、そんなありがたい気持ちで修理に掛かってみると、どうした事でしょう?、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

~小泉元首相の脱原発の波紋~

 最近小泉純一郎元首相が、あちこちで脱原発を説いて回っている。 その真意は定かではないが、素直に歓迎したい。鄧小平が日本を訪れたときに、当時ロッキード事件で被告人となっていた田中角栄を評して「黒い猫でも、白い猫でも、鼠を捕るのが良い猫だ」といったというが、日中国交回復に尽力した田中角栄の評価しての発言であった。このように、小泉元首…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

~ドイツの歴史を意識したケネディのベルリン演説~

 ドイツは、外国の中では最も好きな国である。ドイツは、日本と同じようにアメリカを中心とする連合国に第二次大戦で敗れはしたが、戦後数カ国に分割統治されさらに東西に分断されながらも再統一を果し、EUの経済の中心的役割を果たしている。戦後は、ナチズムを徹底的に総括し、反省して出直しアメリカに隷従することなくアメリカの対外戦争に反対し、主権…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

~オリンピック招致と原発事故に見る日本人の狂と鈍~

 どうも最近の日本は政治家、官僚から一市井人まで、コンパスが狂っているように感じるのは私だけだろうか。それとも、私のコンパスが狂っているのかもしれないが、私の感想として、日本はlost positionしているのではないかと思えてならない。理由は、原発の放射能汚染水が留まるどころか太平洋にダダ漏れし続けている上に、福島原発一号基から…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

~太陽系を離れ無限の彼方に旅立つボイジャー1号~

 最近はあまりいいニュースがないと思っていたところで、確かにオリンピック2020が東京で開催されることは朗報に違いない。ブエノスアイレスのオリンピック会場で安倍総理大臣が福島第一原発の放射能について官僚からの振り付けだろうが、“The situation is under control(事態は完全に制御下にある)”と白々しく大見得…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

BSアンテナの取替え

我が家のテレビでBS放送が映らないと家内からクレームが有ったのは10日あまり秋雨が続いた9月の4日でした。そのBSアンテナは、かれこれ20数年前から我が家のベランダで風雨に耐えて頑張ってくれたのですが、経年劣化には勝てず、恐らく長雨でパラボラ受信部がショートでもしたのではないかと思われます。あれこれ点検しても分からないので、短い同軸を繋…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

~馬脚を現したアベノミクスの胡散臭さ~

 先日ドイツ連邦銀行が発表した8月の月報で、日本の経済政策「アベノミクス」による景気押し上げ効果は「わらに付いた火」のように、短期間で消え去るとの批判的な分析を示した。  月報は、アベノミクスについて4ページにわたる特集を掲載。同政策は2013年には国内総生産(GDP)を1.25%程度押し上げるが、14年には効果が大幅に縮小、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

~TS-930S のAVR破損~

  7月後半の暑い日の午後、私の愛機TS-930Sのチューニング中、バチッツ!と言う嫌な音とともに、電源が落ちた、恐る恐る機械のカバーを開けると、溜まっていた煙が出て来た。煙はは電源付近から出ており、その場所はAVRと言われるサブ基盤に大型のコンデンサーやトランジスターの張り付いた10cm四角ほどの基板だが、TS-930の故障箇所として…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

今年の宮島水中花火大会

  今年も8月11日(日)に宮島水中花火大会が開催された。今年は5,000発の花火が打ち上げられると発表されていたが、最近の経済状況は参加スポンサーの数も減らしているのか、打ち上げられる花火の数も少なく、大きさ、打ち上げの間隔まで間延びして見えた。 とは言うものの、世界文化遺産の宮島ならではの海上に浮かぶ大鳥居などの歴史的建造物と花火…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

~「日本が今直面している恐ろしい龍は中国ではなく、アメリカだ」オリバー・ストーン~

 米国社会派監督オリバー・ストーン監督が原爆記念日の8月6日広島で講演を行った。彼ほど聡明で勇敢なアメリカ人を未だかって見たことがない。初めて、オリバー・ストーン監督の映画を見たのはベトナム戦争の不条理を描いた「プラトーン」であるが、「JFK」を観たとき、米国の闇である軍産複合体とCIAがケネディ大統領を暗殺したとして暗に断定してい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

~編言汗の如く、ユダヤという虎の尾を踏んだ麻生財務大臣~

 麻生太郎副総理兼財務相は1日、憲法改正に関連しドイツのナチス政権を引き合いに「あの手口、学んだらどうかね」と講演で述べたことについて「誤解を招く結果となった」として撤回した。批判が海外に広がり首相官邸は沈静化を図ろうとしたが、後手に回った感は否めない。菅義偉官房長官は1日の記者会見で「(麻生氏の)辞任にはあたらない」と虚勢を張った…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

~参院選自民圧勝、日本人は「考えない葦か」~

去る7月21日、参議院普通選挙があった。結果は繰り返し報道されているので数値については言及を避けるが、自民党の圧勝、独り勝ち、民主党惨敗という現在の政権交代可能な二大政党制を念頭に置いた選挙制度を根底から否定する選挙結果と言えよう。  日本人はもともと欧米先進諸国の国民のような自主独立自尊の精神が欠落している。パスカルの原理でも…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

~アシアナ航空事故、”Backside Operation”の落とし穴~

 過日、米国サンフランシスコ空港でアシアナ航空機が着陸に失敗炎上し、乗客2名が死亡し、182名もの負傷者を出した。 航空機事故の原因は軽々しく予断をもって語ることは出来ないが、コクピットクルーが生存し、フライトレコーダー、ヴォイスレコーダーも回収され解析されていることであり、事故原因の特定は困難ではないと思われる。いずれ真実は明ら…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

~尖閣諸島は歴史的に海上交通の重要航路目標であった~

 安倍政権になって、尖閣領有権問題が先鋭化している。中国も尖閣領海侵入を繰り返して領有権を主張し譲らない。日本が、尖閣諸島が固有の領土であると主張する根拠は、日清戦争で清国北洋艦隊が全滅して制海権失った後の1895年1月14日に閣議で日本の領土に編入した。逆に言えば、1895年日清戦争勝利が確定して勝手に尖閣諸島を領土に編入するま…
トラックバック:2
コメント:1

続きを読むread more

~死人からも税金、死亡消費税の悪乗り~

 最近、首相官邸で開催された社会保障制度改革国民会議という会議で東大教授伊東元重委員から、増大する社会保障費の財源として、「高齢者医療費をカバーする目的での死亡消費税の導入」が提案された。まさに悪乗りとしか言いようがない。本来消費税とは、モノやサービスを消費したことに対する課税であり、死亡すれば消費活動はできないはずである。 「…
トラックバック:1
コメント:1

続きを読むread more

~自民党の右傾化と憲法改正志向に危惧を覚える~

   自民党が先の衆院選挙で大勝し、以後全く政治に関心が無くなった。政治に責任と緊張感を与える野党が無力化し、メルトダウンして自民党が40パーセント以上の支持率を維持し、最大野党ですら5パーセント程度の 支持しか得られず、小選挙区制の中、300総小選挙区各区に3,4万票の創価学会基礎票に支えられた自民党に対抗できる野党はない。最大…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

~日本人の国民性その四、宗教観~

日本人の国民性について、恥、義理と恩、武士道に簡単に触れてきたが、外国人に日本人の国民性について語るには宗教観についても触れておかなければならない。これら日本人の国民性についての観方はあくまでも私個人の感想であって偏見もあるであろうが、他人に押し付けるわけでもないので一意見として外国人に伝えるものである。  まず日本人は宗教につ…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

~多言数窮する橋本市長の蟻地獄~

 日本維新の代表会橋下大阪市長の数々の一連の発言が、自分の首を絞めていること気付いているのだろうか?橋下氏の件の風俗や慰安婦に関する発言でがんじがらめに進退が極まっていることに自身で気付いていないのである。  沖縄の米軍司令官に「風俗(売春)」を利用するように勧めたり、「慰安婦は必要だった」という自説を正当化するように繰り返して…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

~お早う・こんばんは3.5ネット出雲遷宮大会に出席~

  五月18日-19日の土日にかけて、お早う・こんばんは3.5ネット「出雲遷宮ミーティング」が島根県出雲市国民宿舎「国引き荘」で行われ、3.5ネット愛好メンバー93名が集まり盛大に模様された。おはよう・こんばんは3.5ネットは1974年に6エリアで始まったと言われておりその歴史は40年近いもので、ブロックミーティングも35回目となった。…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

~飯島参与の二元外交訪朝、果たして成果は?~

報道によると、岸田文雄外相は21日の参院外交防衛委員会で、飯島勲内閣官房参与の訪朝について「直前に連絡を受けた」と述べた。飯島氏訪朝では米韓の外交当局者が事前に連絡がなかったと不快感を示したが、首相官邸主導だったため外相も直前まで知らなかったようだ。  岸田氏は「北朝鮮問題で共通の利益を有する米韓との連携は大変重要だ」と指摘した。…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

~床屋談義レベルの橋本風俗利用発言~

 最近忙しくて日常の感想を書く時間がなくて、ブログのことも忘れていたが、橋下大阪市長の沖縄市米軍司令官に対する発言と、それに纏わる一連の発言に驚きを通り越して唖然としてブログに書かねばと思ってしまった。 橋下氏は、沖縄の米兵に風俗業を公認し、性犯罪を防止しに役立てたららどうかアメリカ軍司令官に提案したと伝えられている。米軍司令官は、目を…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

~周防大島に夜釣り~

  先日倉庫を片付けていると長く使っていない釣竿が目に入り、懐かしくなってリールを外し手入れをした、グリスを差したり道糸を巻き替えたりと手入れをしていると、ムラムラと釣りに行きたくなって来た。釣りのタックルボックスを点検すると、サビキの仕掛けなどはピンクのゴムが黒く変色して使えない様だ。こんなセットも買えば一個300円近くするが、釣りか…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

~主権回復の日どころか、占領から属国への記念日~

 61年前の4月28日、連合国による占領が終わり、日本は独立を果たしたということにした政府主催の「主権回復・国際社会復帰を記念する式典」が去る4月28日、東京都内の憲政記念館で初めて開かれた。安倍晋三首相は「未来へ向かって希望と決意を新たにする日にしたい」と述べるとともに、米国統治下に置かれた沖縄の「辛苦」にも言及したというが、ど…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

~ブラジルの国花イペーの花が咲いた~

  数日前、懇意にさせて戴いていたご近所のご夫妻が東京に引越しされる事になり、庭に植えておられた、イペーの木を記念に戴くことになった。ご主人は仕事の関係で世界中を廻って居られた方で、中でもブラジルで出会ったイペーの花が気に入られ、ご自分の庭でも育ててこられたようだ、イペーの木には赤や白、黄色、紫なども現地では目にされたそうだが、日本では…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

~市政移行とともに、協働社会への新たな取り組み~

千葉県北東部にある私の住む町が市制に移行したことにより、私の属する市の補助団体も一皮むけて脱皮を迫られている。「迫られている」とはいえ、強いられている訳ではなく個人の意識としての強迫観念に過ぎない。我々の団体は、町の国際交流協会であるが、これまでは町の国際交流団体で大したこともできないし、だれも多くを期待していなかった。私自身、あれも…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

~初体験のサイクリングで、剣聖塚原朴伝の墓を訪ねる~

 熱しやすく冷めやすい言うなれば飽きっぽい性質の私が、子供たちが自転車を買ったので私も“健康のため”との大義名分のもとに自転車を買った。高齢者に属する私が家の周りを「赤犬」(2,30分散歩に出てすぐ帰ってくる)するにはママチャリ系が向いているのだが、恰好を気にする私は街乗りには不向きな29インチのマウンテンバイクを選んだ。  最…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

~苦節半年、ベートーベン第九演奏会合唱付きに参加して~

 わが町(千葉県大網白里市)が市制に移行したことを記念して第九演奏会が4月14日(日)行われた。大網白里市近隣から老若男女202名が合唱に参加した。一昨年11月から一年半、ドイツ語も知らない素人が音楽の先生から指導を受け今日の日を迎えたのである。第九合唱の経験者は昨年9月に合唱団に合流してブラッシュアップと調整をしたが、合唱未経験…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

ホームステイ受け入れで、フランス人ご夫妻と過ごした6日間

 約4年ほど前に家内が出掛けたフランスで数日お世話になったご夫妻が日本観光に来ると言うので、せめて数日くらいはお世話させて頂こうと言う事になり、4月9~14日の間フランス人御夫妻を招待させて頂いた。難関は言語の違い、生活習慣の違いなど戸惑うことも多かったが、それはお互いの身振り手振りで何とかなるものだと改めて実感した6日間でした。 夜…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

第32回全国和文愛好者の集い呉大会に出席して。

  4月13~14日にかけて広島県呉市国民宿舎野呂高原ロッジに於いて「全国和文愛好者の集い呉大会」が開催され私も参加させて頂きました。当日は好天に見舞われ心地よい瀬戸の潮風を受けながら、およそ2時間あまりのドライブを楽しみながら到着しました。839mの標高は登るだけでもその見晴らしは素晴らしく、眼下の蒲刈大橋や瀬戸の島々が、ジオラマの様…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

~日本人の国民性その三、武士道の欠落~

 私が「菊と刀」を読んだとき、ある種の違和感があった。日本と言えば「サムライ」であり、サムライと言えば「武士道」である。明治時代に新渡戸稲造が「武士道」について書いており、英文でも出版されている。国際連盟事務次長まで務めた世界的学者の日本人による日本文化の本をベネディクト女史知らないわけがない。しかし、「菊と刀」というタイトルを…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

~日本人の国民性その二、義理と恩の文化~

〽 義理だ恩だと並べてみたら、恋の出てくる隙がない・・・・・  北島三郎の演歌「兄弟仁義」の歌詞の一部である。何を隠そう、私はこの思いっきり野暮ったい浪花節調のド演歌が大好きなのである。前稿の「菊と刀」の中で、ルース・ベネディクト女史は、日本文化のもう一つの特徴的な側面「恩」と「義理」をも分析している。  また歌の…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

~日本人の国民性その一、恥の文化~

 グループの学習で、各自テーマを分担して日本 の文化について短いプレゼンテーションを行うことになった。私の担当テーマは「日本人、その国民性」である。日本人国民性については幸い、以前にまとめたことがあるので、それと重なる部分があるのでそれを数部に分けて再構成することにした。   日本人の国民性の分析について詳細に科学的分析されたの…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

~一票格差違憲無効判決、野田元首相の政治的犯罪~

 昨年の衆議院選挙で最大で2.43倍の“一票の格差”があったことについて、25日、広島高裁で広島1,2区の選挙無効を求めた訴訟で、「違憲、無効」とする判決が下されたのに続いて、広島高裁岡山支部は26日、「違憲状態の放置は甚だしい怠慢であり、司法判断の軽視だ」として、岡山2区の選挙を無効とする判決を言い渡した。 広島1,2区と岡山…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

~Japanese banking crisis、ジョークで学ぶ英語(その4)~

 最近実体のないアベノミックスで株と為替が先行した景気で浮かれていますが、一昔前の日本の経済と銀行の凋落を種にしたジョークがあるので紹介します。中身にオチがあるわけではありませんが、idiom (慣用句)の勉強にもなります。また、外国人にジョークを話すと、打ち解け合いコミュニケーションに非常に役立ち、繰り返し相手に聞かせることによ…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

~秀逸な潜水艦映画「真夏のオリオン」~

ツタヤで旧作は一週間で80円というので「真夏のオリオン」という映画DVDを借りて観た。私は、潜水艦ものが大好きなのでたいていは見ていたが、「真夏のオリオン」は見ていなかったのでためらわず借りて帰った。この映画は、潜水艦という極限状態の中で、艦長に命を預けて一心同体一丸となって戦う姿だけでなく、敵味方を超えて人間性を認め合う感動的…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

~ある医師からの呼びかけ、脳卒中の発作の早期認識法~

最近、私が大変お世話になっている英語教室の先生から、資料をいただいたので非常に有益な情報なので、拡散の意味を込めてご先生ご了解の許で紹介します。このメールは先生のカナダのbest friendからのメールのコピーの要約です。  脳卒中発作の兆候を認識することと、その見分け方に関する情報 医者であり最近脳卒中を救ったばかりの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

~日本植民地化総仕上げ、安倍首相TTPに参加の意向~

 最近、野党が勝手に自滅して政治が壊れ、全く政治に関心を失ってしまったが、今回の安倍首相の訪米の様子を見ているとつくづく日本の国の政治の劣化を再認識してしまった。大体、総理大臣がコロコロ変わるごとに宗主国アメリカに伺候に参勤訪米すること自体が米帝に冊封関係で縛られていることを如実に表している。口では同盟関係と言いながら、実態は隷米、従米…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

~Traveling on the train、ジョークで学ぶ英語(その3)~

欧米人はジョークが好きだ、特にブロンド美人を揶揄したジョークやアメリカ人とメキシコ人やアイルランド人とイギリ人の人種的な怨念をジョークにしたエスニックものが多い。ブロンドは男性にとっては高嶺の花の羨望、女性にとってはやっかみ・嫉妬の対象の反動としてジョークで溜飲を下げている。アメリカ人とメキシコ人のジョークはメキシコ人を虚仮にし、…
トラックバック:1
コメント:1

続きを読むread more

~北朝鮮核実験を容認するアメリカの二重基準と日本の再軍備~

2月12日、北朝鮮は3回目の核実験を行った。中国とアメリカには事前に通告していたという。イラク戦争の原因は、有りもしないWMD(weapon of mass destruction:大量破壊兵器)があるという言いがかりをつけてイラクを破壊したが、究極の大量破壊兵器が核爆弾である。イランンも核開発をすれば、アメリカ・イスラエルは武…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

~中国艦船射撃管制レーダー照射で大騒ぎする日本外交の稚拙~

  最近中国海軍軍艦に自衛艦が火器管制レーダーを照射された事案が日本では大騒ぎになっている。たしかに、火器管制レーダーの照射は敵対行為であるが、それが現場指揮官の判断による可能性が高いとはいえ、国家上層部の指示によるものか、外交ルートで確認もしないで鬼の首を取ったように中国政府を非難する安倍政権の外交は余りにも稚拙すぎる。中国の軍…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

~野党消滅による右傾化自民党政権を憂う~

国民の期待を担って、3年半前に民主党が政権交代したが、あまりに稚拙な政権運営により自公政権の元の木阿弥に戻った。昨年末の衆院選ほど国民にとって不幸な選挙はなかった、自民公明とも、2009年の衆院選大敗以上に得票という国民の支持を失っているにもかかわらず、議席数は大幅に増え地滑り的大勝利で政権に復帰した。国民は、2009年に自公を…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

~Joke in English、Japanese quality ジョークで学ぶ英語(その2)~

 少し古くなりますが、IBMが世界一のコンピューター・メーカーだった頃の話とはいえ、日本のメーカーの物作りの品質の高さと日本人の生真面目な文化を示す笑い話を紹介します。日本の物作りの品質は今でも変わりません。 This speaks a lot about the Japanese quality standards and a…
トラックバック:3
コメント:0

続きを読むread more

~助けてと言えない、迷惑をかけない、無縁社会~

 ある団体の行事で、NPO法人自殺防止ネットワーク「風」代表篠原鋭一氏の講演を聴く機会があった。篠原氏は、自殺は毎年3万人を超えていたが、去年は3万人を切ったと喜んでいる場合ではない、孤独死も毎年3万人以上発生する異常事態であるという。自殺、孤独死は本人だけの問題ではなく、同じこの社会に住む私たちの「連帯責任」において解決しなけ…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

~公明党、みそ・コメ・醤油・新聞の軽減税率我田引水~

公明党の山口那津男代表は去る2月10日の記者会見で、消費税増税に伴い生活必需品の税率を低く抑える「軽減税率」の導入について、「まず(平成26年4月の)8%への引き上げた段階で導入するという意思決定が重要だ」と述べ、24日に取りまとめる来年度の税制改正大綱には対象品目まで書き込む必要はないとの考えを示した。軽減税率を導入するという方…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more